閉店・移転、情報の修正などの報告

ガラス張りの近代的なデザインで、世界最大の9面舞台がある2つ目の「オペラ座」。バスティーユ広場の前にあります。

photo

ミッテラン大統領が推進した「パリ改造計画」の一環で造られた、パリで2つめのオペラ座。1989年に落成。オペラ・ガルニエとは違い、ガラス張りの近代的なデザインと最新の舞台技術が特徴です。設計は、47ヶ国1700人の建築家が参加したコンペの結果採用された、カナダ人建築家カルロス・オットーによるもの。1990年に行われたこけら落としの初公演は、ベルリオーズのオペラ「トロイ人」。ここでは、オペラ・ガルニエよりオペラが多く公演されています。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-02-27

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

憧れのオペラ座へ行ってみよう!

憧れのオペラ座へ行ってみよう!

パリには、オペラ・ガルニエと新しくできたオペラ・バスティーユがあります。さあ、あなたも憧れのオペラ座に足を踏み入れてみましょう!