ヴィクトル・ユーゴの家

メゾン・ドゥ・ヴィクトル・ユーゴMaison de Victor Hugo

閉店・移転、情報の修正などの報告

名作“レ・ミゼラブル”を生んだフランスのロマン主義の詩人、小説家、ヴィクトル・ユーゴが長年過ごした家がマレ地区に残っています。

photo

フランスを代表する文豪、ヴィクトル・ユーゴが長年過ごした場所というのは現在パリに2箇所保存されています。そのひとつがマレ地区のボスジェ広場にあるこちら。ローアン・ゲメネホテルの3階に位置した豪華なアパートの一室で彼は16年間を過ごしたそうです。
現存するこちらの“ヴィクトル・ユーゴの家”は彼の生誕100年を記念して1902年に彼の友人たちやその栄誉を守ろうという人々たちからの寄付を受け、原稿や作品を所蔵する最初の文学博物館として今に残されたそうです。見学のあとは目の前に広がるボスジェ広場で波乱に満ちた彼の人生に思いをはせつつ、ゆっくり読書なんかもオススメです!

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-04-17

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供