聖ヴァンサン・ド・ポール教会

Eglise Saint-Vincent de Paul

閉店・移転、情報の修正などの報告

19世紀に建てられたネオクラシック様式の教会。ひっそりとした佇まいの中に、正面の扉を彩る色鮮やかな絵画が目を引きます。

photo

パリ10区、北駅の少し南西にあるこの教会は、もともとブドウ畑が広がっていた土地に、17世紀の聖人、ヴァンサン・ド・ポールをまつるために建てられました。正面の扉には周りにはアダムとイヴやキリストを描いたエナメルの絵画がかかっていてひときわ目を引きます。内部も祭壇へ向かう160人の聖人たちの壁画や、フランソワ・リュードによる祭壇のキリスト像など、地味ながら見どころのある教会です。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

関連タグ: 教会 ネオクラシック

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2018-09-21

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供