グロロ邸

L'Hôtel Groslot

閉店・移転、情報の修正などの報告

ルネサンス様式の建物はオルレアンの代官だったジャック・グロロが16世紀に建てた邸宅です。豪奢な内装とジャンヌ・ダルクの絵画を見ることができます。

photo

その豪奢なルネッサンス様式の外観でひと際目を引くグロロ邸。こちらは1790年から1981年までオルレアンの市庁舎として使われていました。内装も見事でどの部屋も非常に見応えがあります。屋敷の正面にはジャンヌ・ダルクの像が立っていますが、内部にもジャンヌ・ダルクの彫刻や絵画が飾られているのも見どころです。

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2018-05-23

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供