バスティーユ広場

プラス・ドゥ・ラ・バスティーユPlace de la Bastille

閉店・移転、情報の修正などの報告

フランス革命の際、民衆が襲撃したバスティーユ牢獄があった場所。現在では、広場中央に革命の記念柱が立っています。

photo

1789年7月14日、民衆がバスティーユ牢獄を襲撃し、ここでフランス革命の火蓋が切って落とされました。この牢獄には、かつてマルキ・ド・サド侯爵などの囚人が収容されていましたが、革命直前には建物は老朽化し、政治犯もほとんど収容されていなかったようです。襲撃によって解放された囚人の数はわずか7人だったそう。現在では広場中央に革命の記念柱が立っているだけですが、革命前夜祭の7月13日には毎年大勢の人たちが広場を埋め尽くし、朝まで踊り明かします。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    るな

  • photo

    風のように…

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-02-14

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供