閉店・移転、情報の修正などの報告

モネが最後の生涯を過ごすことを決めた場所。広大な庭は花が咲き乱れて、モネの絵画に迷い込んだようです。

photo

印象派の代表画家クロード・モネ。モネが晩年を過ごし、その代表作『睡蓮』の連作がジヴェルニーで生まれました。同じモチーフを違う時刻で光のニュアンスを描いたモネ。パリのオランジュリー美術館の一面に飾られたモネの『睡蓮』は、人生の最後の瞬間までここ、ジヴェルニーで筆を入れたのだそう。モネの自宅では、浮世絵コレクション、モダンなキッチンと食器のコレクションも見学できます。。また、モネは美食家で、たびたびイギリスを訪れていたモネは、イギリス風の食事も楽しんだのだとか。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

関連タグ: 印象派 モネ

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2011-02-07

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供