ガレット・デ・ロワ [1月6日]

中に何が隠れているでしょう?

1月6日はガレット・デ・ロワの日として知られている公現祭です。キリスト教の言い伝えで、東方の三博士が生まれたばかりのイエスのもとへ祝福にやって来た日ということになっています。ガレット・デ・ロワとは、パイ生地のタルトの中にアーモンドペーストが入った焼き菓子。そしてその中にはフェ―ヴという小さなオブジェが隠されており、切り分けた際これに当たった人がその年の王様。フェ―ヴのデザインは色々あり、パン屋さんによってはオリジナルで作っているところもあります。ただし一人用サイズには入っていないのでご注意。
関連タグ:公現祭タルトフェ―ヴ

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2018-01-04

ページTOPへ▲

その他の記事を見る