スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

5&6月のパリ 【2017年】

パリで一番心地よい季節です!

こんにちは、パリナビです。春から夏へ、気持ちよい季節の到来です。5月と6月のパリは気候も良く、さわやかなお天気に恵まれます。外出にはちょうどいい時期なので、パリ歩きが一番楽しめる季節ですよ。5月には新しい大統領が決定するほか、毎年恒例のイベントも目白押しです。
緑豊かな季節です

緑豊かな季節です

5&6月の主なイベントカレンダー

メーデー La Fête du Travail (5月1日)
労働者の日。パリでは労働組合の力が強く、この日は各地で集会が開かれたり、マニフェスタシオンと呼ばれるデモ行進が行われます。また、ほとんどのお店もお休みになり、美術館なども閉館が多いので気を付けて下さい。

フランス大統領選挙 決選投票 (5月7日)
4月の第一回投票で大統領が決まらなかった場合、一次の上位2名による決選投票がこの日に行われます。一時で大統領が確定することはほぼなく、この決選投票をもって、次期の大統領が決まります。また、5月中には新大統領の就任式も行われる予定です。7日の夜はバスティーユやレピュブリック広場などに大勢の人が集まることが予想されるので、混乱に巻き込まれないように早めに帰っておくのが賢明ですよ。

ラ・ニュイ・デ・ミュゼ La Nuit des Musées (5月20日)
パリの美術館、博物館や各国のカルチャーセンターなどが夜間もオープン、無料で見学できる日です。一旦定時で閉館した後、夜間の部として再オープンする仕組みになっています。各施設によって時間帯は異なりますので、サイトなどでオープン時間を確認してください。とても人気のあるイベントなので、行列は必至。場所にも依りますが、オープンの1時間から30分前には並んでおきたいものです。この時期は日が長いので、22時以降でないと夜の雰囲気は出ないかも。。閉館は大体23時半から0時ごろになります。
お目当ての美術館へ行ってみよう お目当ての美術館へ行ってみよう お目当ての美術館へ行ってみよう

お目当ての美術館へ行ってみよう

全仏オープン Roland Garros (5月22日~6月11日)
世界4大テニストーナメントの一つである全仏オープンは競技場の名前をとってローランギャロスとも呼ばれています。ローランギャロス競技場はクレーコートという赤土のテニスコートで有名です。他の競技場とは勝手が違うため、名プレーヤーも苦戦するとか。
本戦は28日から始まり、10日が女子決勝、11日が男子決勝です。
競技場はブローニュにあります 競技場はブローニュにあります

競技場はブローニュにあります

パリ・ジャズフェスティバル Paris Jazz Festival (6月17日~7月30日)
オープンエアーのイベントが楽しい季節。広々としたヴァンセンヌの森に週末ジャズの音色が響きます。会場はパーク・フローラル。入園料のみでコンサートは無料です。 毎週土日に違ったアーティストが出演。客席に座れなくても芝生でピクニックしながら聴いている人たちもいっぱいで、初夏のパリらしい気持ちのいいひとときを過ごせますよ。

音楽祭 La Fête de la Musique (6月21日)
毎年夏至の日は音楽祭。フランス中で開催されるビッグイベントです。有名人気アーティストがコンサートホールや屋外の特設ステージで演奏する様子がテレビで中継されたりします。そして一般公募で参加するアマチュアミュージシャンも路上で演奏を披露できます。一年で一番日の長い日を音楽と過ごしましょう。
音楽で溢れる一日 音楽で溢れる一日

音楽で溢れる一日

ゲイ・プライド La Gay Pride (6月24日)
同性婚が認められてから4年。この日は同性愛者の権利を訴える行進が行われます。シンボルカラーである虹色の旗が翻り、カラフルでキッチュなコスチュームに身を包んだ参加者の皆さんが練り歩く様子は圧巻です。
賑やかなパレード! 賑やかなパレード! 賑やかなパレード!

賑やかなパレード!

夏のソルド Les Soldes d’été (6月28日~8月8日)
6月最終水曜日にお待ちかねのソルドが始まります。開始日は朝8時からオープン。毎週再値下げがあるのであっという間に70%オフなんて商品も出てきますよ。狙い目はバカンスの始まる7月中旬まで、平日に行くのがおススメです。

天気と服装

昼間は半袖で過ごせることも

昼間は半袖で過ごせることも

5月の過去平均気温 最低9℃ 最高19℃
6月の過去平均気温 最低12℃ 最高21℃

この1,2年、5月や6月に入っても肌寒い日が続いていました。今年は平均的に最高気温も20℃を超え、25℃ぐらいまで達する日も出て来そうです。初夏に入って来ると気を付けたいのは日光と紫外線対策。この季節のパリの日差しはとっても強いので、サングラスが必要な場合もあります。そしてもちろん日焼け止めクリームも忘れずに。パリでは最高気温になるのは16時ごろ。お昼にはまだ涼しくてもその後ぐんと暑くなってきます。

お勧めお出かけスポット

バガテル公園のバラが見ごろ

バガテル公園のバラが見ごろ

バガテル公園
6月に入ると本格的にバラのシーズンになります。お勧めはバラのコンクールでも有名なブローニュのバガテル公園。1800以上の品種が植えられているバラ園は手入れが行き届き、とても見応えがあります。バガテル公園はパリから少し離れているものの、閑静で上品な雰囲気が魅力。芝生や四季折々の花、さらには放し飼いの孔雀たちなど、日常を離れたゆったりした時間を過ごせます。
都会の喧騒を忘れます 都会の喧騒を忘れます

都会の喧騒を忘れます

この季節のパリの楽しみ方

朝からマルシェを覗いてみよう!

朝からマルシェを覗いてみよう!

マルシェ
日も長くお天気も良くなって来るこの季節は、午前中のマルシェ散策などいかがでしょうか。春から夏の野菜や果物が店頭に並んで色鮮やか。イチゴやサクランボなどは特に人気で沢山出回っています。手軽に食べられるので旅行中のビタミン補給にいかが?
公園
太陽が出ると外に繰り出すのがパリジャン達。観光の予定などなかなかゆっくりと時間を取るのは難しいかもしれませんが、少しだけ公園でのんびりしてみませんか?パリの普段のリズムや空気が感じられると思います。公園には芝生があるところが多いので、ランチを買ってピクニックのように食べるのもいいですね。
芝生でピクニックする人たち

芝生でピクニックする人たち

パリジャンの憩いの場、リュクサンブール公園

パリジャンの憩いの場、リュクサンブール公園


このシーズンは日照時間も長いので、たっぷりとパリを楽しむことができると思います。日が暮れるのは大体21時から22時ぐらい。朝と夜は少し冷えるので羽織れるものがあるといいですね。パリの街を散策するにもちょうどいい季節なので沢山歩いてみてください。色んな発見があって楽しいですよ!
以上、パリナビでした。




上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-04-26

ページTOPへ▲

その他の記事を見る