スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

パリのマルシェ☆大特集

マルシェMarchéとは、市場のこと。パリにはいくつもの市場があり、食料品を中心に、衣類、雑貨など色々なものが売られています。フランス人は日常的にマルシェを利用し、お店の人たちとの会話を楽しみながら、買い物をします。

こんにちは、パリナビです。
マルシェMarchéとはフランス語で市場のこと。パリ市内には、定期的に開かれる90余のマルシェがあります。そこには、果物や野菜、肉、魚はもちろん、パンやお菓子、チーズ、香辛料、衣服、雑貨、コスメ製品まで、日常生活に必要な、様々なものが売られています。そして、近所に住む人々が、ショッピングカートやかごを手にやって来て、売り手と言葉を交わしながら、楽しそうに買い物をしています。
今回は、観光客がアクセスしやすい場所にある4か所のマルシェをご紹介します。

オペラに近い、マルシェ・サントノレ

オペラ座から遠くない、マルシェ・サントノレ広場で開かれるマルシェ。そう、広場の名前に“マルシェ”がついていて、訳すると、サントノレ市場広場となります。
ここにマルシェが初めて開かれたのは1810年のこと。4つの建物から成る、屋内マルシェができ、その後、建物は壊され、1997年に、著名なスペイン人建築家リカルド・ボフィルが設計したガラスの建物が立ちました。現在、マルシェは、マルシェ・サントノレ通り側から見て、この建物の右側に並びます。八百屋、チーズ屋、また帽子やマフラー、スカーフを売る店、アフリカの木のお面を売る店なども登場します。鶏の丸焼きとその付け合わせ用のポテトなども売っているので、レストランに行くのが面倒な日は、ここでテイクアウトしてもいいですね。
ブランドのブティックが並ぶサントノレ通りからもすぐなので、近くで買い物のついでに寄ることもできます。
このガラス張りの建物が目印

このガラス張りの建物が目印

建物に沿って、店がずらりと並ぶ

建物に沿って、店がずらりと並ぶ

新鮮な野菜や果物

新鮮な野菜や果物

チーズ専門店

チーズ専門店

鶏の丸焼きが売っている

鶏の丸焼きが売っている

クロワッサンなどのパン類も

クロワッサンなどのパン類も

マルシェ・サントノレ
marché saint honoré
住所:place du marché saint honoré 75001 Paris
メトロ:ピラミッドPyramides(7、14番線)
オープン:水曜12時半~20時半、土曜7時~15時

マレ地区にある、マルシェ・クーベール・アンファン・ルージュ

観光客に人気のマレ地区にある屋内マルシェで、パリで最も古いマルシェの一つに数えられます。元孤児院だった建物が、孤児院が他の場所に移転したため、1777年にマルシェとして使われるようになったのだとか。建物内には、八百屋、乳製品専門店、イタリア食材専門店など、二十件近い店が並びますが、このマルシェの特徴は、モロッコ料理、トルコ料理など、エスニック料理のテイクアウトの店がいくつか入っていること。そのため、お昼時になると、近くに勤めるサラリーマンやOLがランチを買いに来ます。中庭には食事のできるテーブルもあり、お天気のいい日は、賑わっています。
このマルシェは月曜をのぞき、毎日開いているので、マレ散策の際に、ランチを食べにふらっと寄るのもいいかもしれません。
マルシェの門

マルシェの門

雨の日でもゆっくり買い物ができる屋内マルシェ

雨の日でもゆっくり買い物ができる屋内マルシェ

イタリア食材専門店

イタリア食材専門店

テイクアウト用、ギリシャ料理

テイクアウト用、ギリシャ料理

お昼すぎには近隣で働く人々が並ぶ

お昼すぎには近隣で働く人々が並ぶ

中庭のテラス席で食事もできる

中庭のテラス席で食事もできる

マルシェ・クーベール・アンファン・ルージュ
Marché couvert des Enfants Rouges
住所:39, rue de bretagne 75003 Paris
メトロ:フィーユ・デュ・カルベールFilles du Calvaire(8番線)
オープン:火曜~土曜8時半~19時半、日曜8時半~16時

マドレーヌの、二つの小さなマルシェ

マドレーヌ寺院を正面から見て、左側にあるのが、マルシェ・アグソー。店が5つほどしかないので、パリで一番小さいマルシェと呼ばれています。
マドレーヌ寺院

マドレーヌ寺院

寺院ふもとで開かれる小さなマルシェ

寺院ふもとで開かれる小さなマルシェ

魚の専門店

魚の専門店

マルシェ・アグソー
Marché Aguesseau
オープン:火・金曜 7時~14時半
反対の右側にはマルシェ・オー・フルール・マドレーヌ、訳すると、マドレーヌの花市、その名の通り、花専門の、19世紀半ばから続く、古い市場です。
花のマルシェ

花のマルシェ

季節の花がたくさん

季節の花がたくさん

マルシェ・オー・フルール・マドレーヌ
Marché aux fleurs Madeleine
オープン:月~土曜 8時~19時半
住所:place de la madeleine 75008 Paris
メトロ:マドレーヌ Madeleine, ligne (8,12,14番線)

モンパルナス近くのオーガニック・マルシェ

オーガニックのことをフランスではビオと呼びますが、パリ市内にはいくつかのマルシェ・ビオ(ビオロジック)と呼ばれるオーガニックの食品・製品を扱うマルシェがあります。マルシェ・ビオ・ブランクーシもその一つ。モンパルナスタワーの近く、大通りから少し入った小さな広場で開かれ、オーガニックの野菜や果物をはじめ、ワイン、はちみつ、パン、また、オーガニック・コスメなども売っています。
モンパルナスタワーが近くに

モンパルナスタワーが近くに

BIOの文字が目印

BIOの文字が目印

オーガニック・コスメの店

オーガニック・コスメの店

オーガニックのワインとはちみつ

オーガニックのワインとはちみつ

マルシェ・ビオロジック・ブランクーシ
Marché biologique Brancusi
オープン:土曜 9時~15時
住所:Place Constantin Brancusi 75014 Paris
メトロ:ゲテ Gaîté(13番線)

マルシェで買い物をする時のポイント

さて、マルシェで買い物をする時に気をつけたいポイントを挙げます。
カードが使える店は少ないので、現金を持っていきましょう。ただ、現金をねらうスリもいるので、注意して下さい。また、マルシェの店では英語が通じないことがよくありますが、そういう時は、ほしい品物を指さしたり、数を指で示したり、身振り手振りを使えば、案外、言いたいことは通じるものです。値段が分からなければ、紙に書いてもらってもいいでしょう。
いかがでしたか?パリに行ったら、ぜひ、活気あるマルシェに出かけて、パリジャンたちに混じって買い物を楽しんでみてください。キッチン付きのアパルトマンを借りて、マルシェで買った食材を使って料理するのも、また楽しいでしょう。

パリのマルシェ情報はパリ市のサイトに住所やオープンの日が載っているので、確認してみてください。
以上、パリナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2012-05-23

ページTOPへ▲

関連記事

マルシェ・バスティーユ

マルシェ・バスティーユ

バスティーユの駅を降りてすぐ、庶民的な雰囲気が漂うマルシェ。多くのお店が閉まる日曜日に開いているのもこのマルシェの魅力!

朝のパリはこう歩く!

朝のパリはこう歩く!

午前中を活用してパリの雰囲気をたっぷり味わおう!

オ・マルシェ・ドゥ・ラ・ビュット

オ・マルシェ・ドゥ・ラ・ビュット

映画『アメリ』に出てきた「コリニョンの店」!

マルシェ・アンベール

マルシェ・アンベール

モンマルトルの丘にそびえ立つサクレクール寺院が綺麗に見える広場で週1回開催されるマルシェ。

小鳥と花のマルシェ

小鳥と花のマルシェ

パリに残る最後の花のマルシェ。日曜は小鳥のマルシェに変わります。パリのまん中に緑あふれるマルシェは散歩にもぴったり。

マルシェ・ドゥ・パッシー

マルシェ・ドゥ・パッシー

16区の高級住宅街、パッシー。そんな界隈に住む人々の胃袋を支える台所です。

マルシェ・サンカンタン

マルシェ・サンカンタン

短い滞在期間、ここなら雨も気にすることなく市場を体験できる!

マルシェ・サントノーレ広場

マルシェ・サントノーレ広場

ガラス張りの建物が目印!ブラッスリーやビストロがたくさん並んでいる広場なので食事に迷ったときはココに向かいましょう!

ル・ボン・マルシェ

ル・ボン・マルシェ

左岸マダムとモード関係者をたくさん顧客に持つ老舗デパート。

マルシェ・ラスパイユ

マルシェ・ラスパイユ

毎週日曜日に開かれる、パリ市内で最も有名なビオ(自然農法)のマルシェです!

その他の記事を見る