スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

パリからロンドンへ夜行バスで行ってみました!

パリから夜行バスでドーバー海峡を渡ってロンドンへの旅。ユーロスターや飛行機とは違った面白さがありますよ。

パリのガリエニ長距離バスターミナル

パリのガリエニ長距離バスターミナル

こんにちは、パリナビです。今日はパリからロンドンへの夜行バスの旅についてご紹介しましょう。
「ロンドンへはユーロスターで行くのが絶対便利!」という指摘も聞こえてきそうですが、「ドーバー海峡を一度は船で渡ってみよう」と、思い立って行ってみることにしました。
 

切符を買いましょう!

ロンドン行きのバス。なんとダブルデッカーが登場?

ロンドン行きのバス。なんとダブルデッカーが登場?

パリ-ロンドン間のバスは1日6~8便あります。所要時間はだいたいで8時間くらい。夜行の人気がやはり高いのですが、明るい時間に走る昼行便もあります。ロンドン行きに限らず、外国への長距離バスに乗るときはあらかじめオンラインで切符を購入しておくのがよいでしょう。当日乗車前に買って乗ることもできますが、1週間前までの購入は運賃が割引となるほか、夏休みは学生の利用が多く、あらかじめ席を確保しないと希望の時間に乗れないこともありえます。切符は、ユーロライン(バス会社)のウェブ経由で購入します。

バスのルートに注目!

こんな船にバスごと乗って、ドーバーをわたります

こんな船にバスごと乗って、ドーバーをわたります

パリーロンドン間のバス時刻表を読むと、ドーバー海峡を渡る方法として、それぞれの便ごとに「P&O」または「Eurotunnel ユーロトンネル」と書かれています。「P&O」とあるのはP&Oという会社が運行するフェリーにバスごと乗せて海峡を渡ること(航海時間は約90分)。また、「Eurotunnel」の場合は鉄道の貨車にバスを乗せ、特急ユーロスターが走る海峡横断トンネルを通ってイギリスへと渡ります。

出発前にチェックイン!

地下鉄3号線のガリエニ駅

地下鉄3号線のガリエニ駅

バスは、地下鉄3号線終点ガリエニ(Gallieni)駅の「ユーロライン(Euroline)」の長距離バスターミナルから出発します。バスといっても「国際線」なので、出発の1時間前をめどにチェックインをします。便ごとに分けられたカウンターで、切符をボーディングパスに交換し、パスポートのチェックを受けます。30分くらい並ばされるのがふつうらしいので、ここは忍耐強く?待ちましょう。スーツケースなど大きな荷物がある人は、チェックイン時に渡されるタグを付けて、バスのトランクに積みます。
駅を出たら、この看板に沿ってターミナルへ

駅を出たら、この看板に沿ってターミナルへ

長蛇の列のチェックインカウンター

長蛇の列のチェックインカウンター

.
車内はこんな感じです

車内はこんな感じです

ボーディングパスをもらったらできるだけ早くバスに乗りましょう。ボーディングパスは飛行機の搭乗券のように立派なものなので、座席が指定してあるのかと思ったら、なんと自由席!早く乗ればダブルデッカー(2階建てバス)の先頭にも乗れますよ。

カレー港に向け出発!

バスはターミナルから出発です!

バスはターミナルから出発です!

夜10時、バスは満席の乗客を乗せ、ドーバー海峡の港・カレー(Calais)に向けて出発。パリから港までは約3時間の道のりです。乗り場を離れたバスは、立体駐車場のような建物の中を抜けたと思ったら、次の瞬間には高速道路上に…。ターミナルは高速道路に直結していたんですね。

バスは快調に走り続けます。ナビは走り出して何分もしないうちに眠りに落ちてしまいました。
.

フランスでイギリスに入国?

ここで出入国手続きを行います

ここで出入国手続きを行います

日付が変わって午前1時前、バスはカレー港に到着します。船に乗る前に、パスポート検査が行われます。バスから下りてフランスの出国審査を受けたらすぐ乗船なのかなと思ったら、ここでイギリスの入国審査も行われます。もちろんやりとりは英語。フランスにいるのに「クイーンズイングリッシュ」の洗礼を受けるのはちょっとつらい…先が思いやられます。

パスポートに「イミグレーションサービス カレー」というスタンプをもらったら、バスに再乗車。出入国審査ののち、バスごと船へと乗船します。
カレー港で出発を待ちます

カレー港で出発を待ちます

時刻は午前1時すぎ…

時刻は午前1時すぎ…

船室でのひとときは?

乗客はそれぞれ好きな場所でくつろぎます

乗客はそれぞれ好きな場所でくつろぎます

乗客は、バスから一度下りてカーフェリーの船室へと上がります。ナビはとても眠くて、船室に行かないでここで寝ていたかったのですが…。カレーからドーバーまでは約90分。免税店やゲームセンターなどがあって、船内はなかなか充実しています。
なんと船内では英国式フル朝食も!

なんと船内では英国式フル朝食も!

そして、きちんとした食事が取れるカフェテリアでは、夜明けなのに、大豆のトマト煮にソーセージが載った「イングリッシュ・フル・ブレックファスト」が出ているではありませんか。トレーラーの運転手とおぼしきお兄ちゃんたちがおいしそうに食べています。また、バーに行ったらいかにもイギリスらしくまるでパブのカウンターのようです。船内のお店などの価格表示はポンド建てで書かれていますが、ユーロでも払えます。また、船内には両替所もありユーロからポンドに交換できます。
売店には船会社の記念品も

売店には船会社の記念品も

船内の案内所です

船内の案内所です

ドーバー海峡を渡り切り、ドーバー港に入港

船上から見た初めての英国の風景は「霧」

船上から見た初めての英国の風景は「霧」

*英国時間はつねにフランス時間より1時間遅れています。

フェリーは、イギリス時間の朝4時前にドーバー(Dover)港へと入港しました。船が止まってから、乗客はフランスから乗ってきた車へと戻ります。
まもなくイギリスへと上陸です!

まもなくイギリスへと上陸です!

これが乗って来た船です

これが乗って来た船です

.

バスはロンドンへと向かいます

ドーバー港も霧の中…

ドーバー港も霧の中…

ドーバー港に着くと、多くのトレーラーやバスが行き来しています。また、港のすぐ後ろ側は、石灰岩の白い壁がそそり立っているのが印象的です。ここからロンドンへはあと2時間です。ところで、イギリスは日本と同じ左側通行です。欧州の大陸側はすべて右側通行なので、ちょっと変な感じ…。
ロンドンに近づいのたのか、住宅が増えて来ました

ロンドンに近づいのたのか、住宅が増えて来ました

ドーバーを出たバスはイングランド南西部の丘陵地帯をロンドンに向けひた走ります。高速道路を1時間ちょっと走ると、ロンドンの郊外へとさしかかります。道路の両側に2階建ての長屋?がずらりと並ぶ光景はイギリスならではの景色かも。まだ早朝なので人の気配がほとんどしないのが奇妙ですが。
車窓からは2階建てバスの姿も!

車窓からは2階建てバスの姿も!

眠い目をこすりながら車窓を眺めていると、ロンドン名物の「赤い2階建てバス」が走っているではありませんか。このあたりまで来ると、バスは住宅地の一般道路を通行、市内中心地にあるターミナルへと向かいます。

テムズ川を渡るとまもなく到着!

これがテムズ川です!

これがテムズ川です!

ロンドンの南部を走ってきたバスは、ターミナルに着く直前にテムズ川を渡ります。川を渡る橋の上からは、ほんの一瞬ですが「ビックベン」の愛称で知られる国会議事堂の時計塔や、大観覧車の「ロンドンアイ」も見えました。

パリのターミナルを出て約7時間。バスはヴィクトリア駅近くのコーチ・ターミナルに到着しました。このターミナルからは、イギリス各都市への長距離バスも出ているため、早朝から多くの旅行客でにぎわっています。
.
ロンドンのバスターミナル「ヴィクトリア・コーチ・ステーション」

ロンドンのバスターミナル「ヴィクトリア・コーチ・ステーション」

ターミナルの周辺は、「ベッド&ブレックファスト(B&B)」と呼ばれる比較的エコノミーな宿もたくさんあるエリアです。ただ、価格が安くて設備が手ごろな宿はいつも込み合っているそうなので、早めに予約した方がよいでしょう。また、市内各地への足は、隣接するナショナルレール(旧国鉄)のヴィクトリア駅から、地下鉄やバスを利用しましょう。
下車した乗客が荷物を取ってバスを離れます

下車した乗客が荷物を取ってバスを離れます

ターミナルは早朝でも意外とにぎやかでした

ターミナルは早朝でも意外とにぎやかでした

さあ、ロンドンのどこへ行きましょうか?

さあ、ロンドンのどこへ行きましょうか?

いかがでしたか?パリからロンドンへの夜行バス。日本にいてはあまり体験できないフェリーの旅が意外と楽しめただけでなく、何といっても、とても安い料金で欧州から島国・イギリスに行けたのがよかったです。皆さんも旅の選択の一つに加えてみてはいかがですか?以上、パリナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2011-11-17

ページTOPへ▲

その他の記事を見る