スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

見本市クールシルキュイに行って来ました!

マレ地区で定期的に行われる若いクリエーターたちが集まる展示販売会に行ってきました。

こんにちは、パリナビです。マレ地区と言えば、パリの流行の最先端を行く界隈として有名。今回はそのマレ地区にある見本市会場で行われる、若いクリエーターたちが集まる展示販売会、クール・シルキュイcourt circuitに足を運んできました。こちらでは100人近いクリエーターがフランス中から集まり、自分のブースで服、アクセサリー、バッグなどを販売。来場者は、クリエーターたちの手による一点ものの服やアクセサリー、雑貨類を買い求めてやって来るのです。

パリジャン、観光客にも人気のマレ地区

パリ4区を中心に広がるマレ地区は、17世紀頃に建てられた貴族の館がたくさん残る趣きのある界隈。またブティックやセレクトショップなども軒を連ね、パリジャン、観光客にとって人気の地区でもあります。また、ユダヤ人が多く住む地域として知られていて、ユダヤ料理のファラフェル(fallafel)の店がロジエ通りを中心にたくさん見られます。ファラフェルとは、ひよこ豆を使ったコロッケのような食べ物で、ファーストフード感覚で、このファラフェルをピタパンにはさんだサンドウィッチをテイクアウトして食べるのが流行っています。ロジエ通りを歩いている観光客に向かって、お店の人が「ファラフェルはいかがですか?」なんて声をかけています。

会場は元マルシェの建物

「クール・シルキュイ」が行われる見本市会場、エスパス・アニマッション・デ・ブランマント(Espace d’animation des blancs manteaux)は、元はマルシェというだけに、マレの中心にあって、天井の高い建物。「クール・シルキュイ」は年に4回行われ、フランス全国から集まって来たクリエーターが服、バッグ、帽子、小物、アクセサリー、アート・オブジェなどを販売します。特に3月と11月に行われるものはT-Modeというサブタイトルで、モードが中心の展示会となります。開催期間は3日間ですが、マレの住人、観光客、モードに敏感なパリジャンなどで賑わいます。
この展示の魅力といえば、クリエーター本人とコミュニケーションしながら、買い物ができること。また、商品はたいていが一点ものなので、人の持っていないものを手に入れたいという人にはお勧めです。
さっそく、ブースを覗いてみましょう。

ナチュラルで品のある服が素敵。女性デザイナーのブース

ナチュラルであると同時に気品のある服、がコンセプトのAuseというブランド名で服を作るデザイナーのオードレーさんは、普段はネットショップとパリのセレクトショップで服を販売しています。「この展示会には2年前から出展しています。ここで私の服を気に入ってくれたお客様が、その後、ネットで買ってくれたり、またセレクトショップに足を運んでくれたり。私のブランドを知ってもらういい機会になっています」とのこと。

日本が好き、というデザイナーの店を発見

和を感じさせるイメージの服を置いてあるブースを発見。8年前から出展しているという服飾デザイナーのセバスチャンさんは案の定、日本文化が大好き、という方。今回は見本市に出展するのは初めて、という若いジュエリーデザイナーのイザベルさんと組んでブースを借りたそう。「僕の服を買ってくれるのは、日本が好き、と言う人が多い、それからアーティスト、プレス関係者も多いんだよ。リールに店を持っているんだけど、ここに来れば、パリの人にも僕の服を知ってもらえるから。」
ブースを訪れたお客には、自分のデザインした服について丁寧に説明するセバスチャンさん、例えば、これは、一枚で3つの使い方ができる不思議な服なのです。

ポップなポーチやお財布を作る新人クリエーター

シュエット・フィーユ(chouette fille)-素敵な女の子-という名前のブランドでポップなポーチやお財布などの小物類を作っているアメリさんは、展示会初参加。人の持っていないユニークな小物を自分用に作っていたところ、友人たちから「私にも作って」と言われるようになり、1年ほど前から本格的に活動を始めたという新人クリエーター。「私の作った小物を手にとってとてもかわいいわね!なんて言ってくれるお客さんがいるとうれしいですね。ここでは直接、お客の反応を見ることができるので、それを今後の作品作りに生かせればいいな、と思っています。」
他では売っていない一点モノとの出会いや、クリエーター本人とのコミュニケーションを楽しむことができるのが、こういう見本市の魅力。自分用に、そして旅行土産に、他の人が持っていない個性的なモノを買いたい、という人は、マレのショッピングがてら、ぜひ、クール・シルキュイを覗いてみてはいかがでしょうか?年に4回行われる見本市なので、サイトで日程を確かめて下さいね。以上、パリナビでした。

基本情報

開催場所
Espace d’animation des blancs manteaux
48, rue vieille du temple 75004 Paris

2011年開催日程
3月13~15日
4月29~5月1日
9月23~25日
11月18~20日
関連タグ:見本市

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2011-04-05

ページTOPへ▲

関連記事

エスパス・アニマッション・デ・ブランマント

エスパス・アニマッション・デ・ブランマント

マレ地区にある、19世紀初頭ナポレオン時代に建造された元マルシェの多目的ホール。展示会、見本市などが行われています。

その他の記事を見る