■パリの電圧、プラグ

フランスの電圧は220V、周波数は50HZです。

電圧


フランスの電圧は220Vで、周波数は50HZ
基本的に日本の電化製品を使うときには変圧器が必要ですが、海外対応になっているデジカメや携帯電話の充電器、パソコンなどは、変圧器がいらない場合も多いです。それぞれの商品の説明書を読んで、確認してみてください。
説明書に「100V-240V、50/60HZ」と記載されていたら、変圧器はいりません。ただし、そういう場合でもフランスのコンセントに対応させる変換プラグが必要です。
対応する電圧などは説明書に記載されている

対応する電圧などは説明書に記載されている

ACアダプタなどにも

ACアダプタなどにも

フランスのコンセント

フランスのコンセント

変換プラグ

変換プラグ

プラグ


フランスのプラグは、Cタイプ(2本ピン)とSEタイプ(3本ピン)の2種類あります。ピンは常に丸型です。
Cタイプ

Cタイプ

SEタイプ

SEタイプ


日本のプラグをフランスのものに対応させる変換プラグを、フランスで探すのは結構大変です。(普通、フランスのプラグをフランス以外の国のものに対応させる変換プラグが売られているので)
BHVでは取り扱っていますが、日本で購入するよりだいぶ値段が高いです。

フランスで日本の電化製品を使いたい人は、日本から変換プラグを持参するのをお忘れなく!

VHS(ビデオ)とDVD


フランスのテレビ・ビデオの放送方式はSECAM、日本の放送方式はNTSCです。なので、通常フランスのVHSを日本のビデオデッキで見ることはできません。
DVDのリージョンコードは、フランスも日本も同じ「2」ですが、やはり放送方式はそれぞれPALとNTSCで異なります。なので、通常フランスのDVDを日本のDVDプレーヤーで見ることはできません。
好きな映画のVHSやDVDを日本に持ち帰ろうと思っている人は、この点に注意してください。

関連タグ:電圧プラグVHSDVD

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2010-05-16

その他の記事を見る