スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

■旅の前に!持ち物チェック!

パリへ行くにあたり、持って行った方が良い物をリストアップしました。参考にしてみてください!

さぁ~航空券もホテルも全部バッチリ!あとは荷物の入ったバッグを持って出発するのみ!でもバッグの中身、なにか忘れ物はありませんか?!旅立つ前に浮かれてしまって、現地で「あ!!あれ、忘れちゃった!」なんていうことにならないように、出かける前にはしっかり持ち物チェックをしておきましょう。そこでナビが楽しい快適な旅のお手伝いができるようにと「ナビ的持ち物チェックリスト!」を用意してみました。このリストを印刷して、ぜひ活用してみてくださいね!それではチェックスタート!

持ち物チェックリスト

カバンに入れた物は、チェックボックスに印をつけましょう。

必須アイテム
※現地調達:○できる/△できるけど大変/Xむずかしい、無理(以下同)

□ パスポート  X (これがないと出入国できません!)
□ 航空券  X (パスポートとセットで持参しましょう)
□ 現金(日本円)  X (日本円を持って現地で両替しましょう。カードで現金をおろす予定の人も、ある程度は持参しましょう)
□ クレジットカード  X (パリはカード社会です。大金を持ち歩くのは危険なので、カードで支払いをしましょう)*1
□ 海外旅行傷害保険証書  X (緊急連絡先が記載された案内書も忘れずに!)
□ パスポートのコピー  △ (紛失や盗難にあったときのために)
□ ガイドブック&パリナビ(印刷したもの)  △ (荷物にならない程度に。あなたがチェックしたお店の記事やマップ) 

*1: フランスではICチップが付いたカード「ICカード」が主流になっていて、支払い時には暗証番号を入力します。ヨーロッパでは、カード情報が入った磁気ストライプを第三者が読み取る「スキミング犯罪」を防ぐために、ICカードが使われ始め、今ではすっかり普及しています。
日本では、まだICカードが主流ではなく、ICチップが付いていない「磁気ストライプカード」を持っている人も結構いるようです。磁気ストライプカードだと、いちいち支払い時にサインをしないといけなかったり、インターネットでTGVのチケットが買えなかったり、フランスでは本当に不便です! 自分のクレジットカードをチェックしてみて、もしICチップ(縦横1cmくらいの金色のチップ)が付いていなければ、渡仏前にICカードに変えても良いかもしれません。


持っていって損はない重要アイテム

□ T/C  X (まさかの時のためにある程度あると安心。あるナンバーは控えておきましょう)
□ 日本の携帯電話  X (海外対応の携帯電話は通話料など高いですが、いざというときのために持っていると安心)*2
□ 自分が使用しているクレジットカード会社の連絡先、クレジットカード番号のメモ  △ (紛失した際に必要!)*2
□ 現地通貨(ユーロ)  ○ (日本で両替して、少し持っておくと便利)
□ 下着、着替え  ○ (身だしなみには気をつけておきたいですね)
□ 洗面道具  ○ (歯ブラシやカミソリがないホテルもあります)
□ 常備薬  △ (風邪薬、胃腸薬、解熱剤など。フランスの薬は合わないこともあるかもしれません)
□ お土産などを入れる大きめバッグ  ○ (お土産って、いっぱい買っちゃうんですよね…)
□ 街を歩くときに必要な小さめバッグ  ○ ( 街に出るときはとにかく身軽に!)
□ ティッシュペーパー  ○ (トイレに紙がないコトもあります…)
□ 折り畳み傘  ○ (パリの天気は変わりやすいので、突然の雨にも対応できます)
□ パスポート用顔写真  ○ (紛失して再発行する際に必要)
□ 目覚まし時計  ○ (モーニングコールでは起きられない人は、あると便利かもしれません。
               携帯のアラームでも良いかも?)
□ 化粧品  ○ (女性にとって、いつも使用している基礎化粧品とメイク道具は必須!)

*2:長距離列車の中で財布をスラれたりした場合、日本の携帯電話を使い、その場ですぐクレジットカード会社に連絡してカードの無効手配をしてもらうことができます。その際、自分のクレジットカード番号が分かっていると、よりスムーズに対処してもらえます。


持って行くと便利なアイテム!お好みでどうぞ!

□ 筆記用具  ○ (メモや申告書を書くときにあると便利) 
□ 手帳  ○ (電話番号や場所のメモ、スケジュールなどを確認できます)
□ ドライヤー  △ (ホテルにない場合もあるので、必要な人は持参しましょう)
□ スリッパ/ルームシューズ  ○ (ホテルの部屋や飛行機の中で、靴を脱いでリラックスしたい人には必須?)
□ 爪切り  ○ (ロングステイする人には必須)
□ ヒゲ剃り  ○ (男性にとって必須? ただしパリにはヒゲ男が多く、女性にもヒゲは人気です…)
□ ウェットティッシュ  ○ (あれば何かと便利)
□ 便座クリーナー  △ (気になる方は)
□ パジャマ  ○ (楽な服装で睡眠をとりましょう)
□ ポリ袋  ○ (荷物整理用やゴミ入れ用などあれば便利)
□ 電卓  ○ (ショッピングの際など何かと役立ちます)
□ キャンピングナイフ  ○ (ホテルでの食事に役立ちそう)※機内に持ち込み不可。預ける荷物の中に入れましょう。
□ 水着  ○ (ホテルのプールやサウナを利用したい人、海に行きたい人には必要ですね)
□ カメラ・ビデオ  △ (旅の思い出をおさめよう!)
□ フィルム  ○ (最近はデジカメ主流かもしれませんが…)
□ 変圧器/アダプター  △ (フランスの電圧は220Vで、周波数は50HZ。プラグの種類は2種類あり、2本ピンのCタイプ、
                   3本ピンのSEタイプ。日本の電気製品を使うときには必要)
□ デジカメ用バッテリー  X (バッテリー型のデジカメはスペアか充電用コンセントを用意。220V対応かどうか
                   確認しておきましょう)
□ ノートPC  X (お仕事で欠かせない方に。バッテリーとホテルの接続環境を確認して) 
□ 生理用品  ○ (もちろんフランスのスーパーや薬局にも売ってますが、急になったときのために)
さあ、準備はできましたか? パリには至るところにスーパーや薬局があるので、現地調達が可能な物もたくさんあります。現地でいろいろ買うのも楽しいかもしれませんね。忘れ物がないよう、必要な物をカバンにつめて、さあ花の都パリへ!!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2010-04-23

ページTOPへ▲

その他の記事を見る