トップ > 観光情報 > オベルカンフ(11区)

オベルカンフ(11区)の観光情報

オベルカンフ(11区)の観光情報情報をご紹介します。

5件が該当しました。

カルナヴァレ博物館

パリ> マレ(3区・4区),バスティーユ(12区),オベルカンフ(11区)

中世の貴族の館が残るマレ地区にある博物館。パリのイメージそのままの中庭はよく手入れされ、気持ちが良い散歩コース!

レピュブリック広場

パリ> サン・マルタン(10区),オベルカンフ(11区)

フランス共和国の象徴であるマリアンヌのブロンズ像が中心にそびえ立つ広場。像の台座にはフランス共和国の歴史が刻まれています。

ヴォージュ広場

パリ> バスティーユ(12区),マレ(3区・4区),オベルカンフ(11区)

1612年はルイ13世の時代に完成した歴史ある公園。この広場を中心にマレ地区の貴族文化が栄えました。

ヴィクトル・ユーゴの家

パリ> バスティーユ(12区),マレ(3区・4区),オベルカンフ(11区)

名作“レ・ミゼラブル”を生んだフランスのロマン主義の詩人、小説家、ヴィクトル・ユーゴが長年過ごした家がマレ地区に残っています。

バスティーユ広場

パリ> バスティーユ(12区),オベルカンフ(11区)

フランス革命の際、民衆が襲撃したバスティーユ牢獄があった場所。現在では、広場中央に革命の記念柱が立っています。

ユーザーアルバム

もっと見る

  • セナンク修道院とラベンダー畑。

    ろっきい
  • 凱旋門からシャンゼリゼ大通り。

    ろっきい
  • 聖母子像。

    ろっきい
  • バラ窓。

    ろっきい
  • ヴェルサイユ庭園、村の建物。

    ろっきい
  • ヴェルサイユ宮殿。

    ろっきい