レピュブリック広場

プラス・ドゥ・ラ・レピュブリックPlace de la Republique

閉店・移転、情報の修正などの報告

フランス共和国の象徴であるマリアンヌのブロンズ像が中心にそびえ立つ広場。像の台座にはフランス共和国の歴史が刻まれています。

photo

以前は細い道が入り組んで、暴動が起きると必ずゲリラ戦になったことから、1854年にオスマン知事がこの一帯を広い広場にすることを計画、1862年に完成しました。フランスではデモ行進や集会が日本に比べると頻繁に行われますが、ほとんどがこの広場を起点としています。まさに「フランス共和国」を象徴する広場です。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-04-13

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供