ノートルダム大聖堂

カテドラル・ノートル=ダム・ドゥ・パリCathédrale Notre-Dame de Paris

閉店・移転、情報の修正などの報告

ユネスコの世界遺産に登録されているローマ・カトリック教会の大聖堂。初期のゴシック建築の最高傑作とも言われています。

こんにちは。パリナビです。今日ご紹介するパリのノートルダム大聖堂は、絵ハガキなどで見たことがある人も多いのではないでしょうか? フランス語ではCathédrale Notre-Dame de Paris(カテドラル・ノートルダム・ドゥ・パリ)。ちなみに、「ノートルダム」とは「私たちの貴婦人」という意味で、聖母マリアのことを指します。では、さっそくナビと一緒にパリのノートルダム大聖堂に行ってみましょう!

外観

パリ・シテ島にあるノートルダム大聖堂は、ユネスコの世界文化遺産「パリのセーヌ河岸」の一部。昼間ももちろん美しいのですが、夜になるとライトアップされ、さらに美しさが増します。約200年の年月をかけて、聖母マリアを称える目的で建立され、初期ゴシック建築の最高傑作と言われています。また帝政を宣言したナポレオン・ボナパルトの戴冠式が、1804年12月2日に行われた場所でもあります。

それから、ノートルダム大聖堂の前は、パリから各都市への距離を表すときの起点となっています。
この中央の門には、「最後の審判」が描かれています。下の段には「復活」の場面、中央の段には「死者の魂を裁いて、選ばれた者は天国へ、選ばれなかった者は地獄へ」という場面、上の段には「裁きを行っているキリスト」が描かれています。
また、南塔の鐘は「エマニュエル」という名前がついていて、重さは13トン! ヴィクトル・ユゴーの小説『ノートルダムのせむし男』の舞台にもなりました。

聖堂内部

高さ33メートルにも及ぶ聖堂内部は、中世ヨーロッパの「森」をイメージして作られているそう。確かに、森の中にいるような静謐な空気に包まれています。
聖堂内部には、ステンドグラスがずらりと並んでいます。ステンドグラスは、一つ一つちょっとずつ違うデザインになっていて、キリストの一生が描かれています。詳しく知りたい方は、オーディオガイドを借りても良いでしょう。日本語バージョンも用意されています!

日本語オーディオガイドの利用可能時間
(月-土)9:30 -18:00/(日)13:00 - 18:00
花びらの形をした丸いステンドグラスは「バラ窓」と呼ばれていて、特に人目を引きます。バラ窓は入り口、南、北の3カ所にあり、南はキリスト、北は聖母マリアをテーマにして作られています。
中に入ると、すぐ右手にキリストが

中に入ると、すぐ右手にキリストが

聖堂内部には、世界各国からやって来た観光客がたくさんいますが、中には熱心にお祈りをしている信者の方々の姿も。信者の方々の邪魔にならないように言動に注意しましょう。

聖堂内部
開館時間:(月-金)8:00-18:45/(土日)8:00-19:15
休館日:なし
料金:無料

ミサ

ここでは先日、2011年3月11日に起きた東日本大震災の被災者と日本の人々のために、祈りを捧げるミサが執り行われ、バントロワ枢機卿が「日本のために祈りたい」と述べられました。在仏日本人とパリ市民、合わせて約3000人がこのミサに参列しました。
KTO (télévision catholique)で、このミサの様子を見ることができます(動画)。
Messe à lintention des victimes du séisme au Japon(日本の大震災の被災者のためのミサ)
↓ ↓ ↓

ミサのスケジュール
(月-土)8:00、9:00、12:00、17:45(晩課)*、18:15 
(日)8:30、9:30、10:00(グレゴリオ聖歌)、11:30、12:45、17:45(晩課)、18:30 
*晩課:正教会の晩の奉神礼、およびカトリック教会の晩の典礼のこと。

塔と地下聖堂

北塔の脇には、387段に及ぶらせん階段があります。上の方になるにつれ、階段がますます狭くなっていき、一歩一歩慎重に進まないといけません。女性の方は、ヒールの靴よりぺたんこ靴の方が良いでしょう。足を踏み外さないように、本当に気を付けてください!
階段は狭くて急です

階段は狭くて急です

一歩一歩慎重に!

一歩一歩慎重に!

外を見る余裕もナシ

外を見る余裕もナシ

ようやく階段を上って少し広い場所に出ると、キマイラの回廊(別名シメールのギャラリー)に出ます! ここで、パリのパノラマが見渡せます。また、たくさんのガーゴイル・シメール・キマイラ像を見ることもできます。この像は魔除け・厄除けの意味を持っているそう。一度見ると、忘れない石像彫刻です! 
パリの街を見下ろすシメール

パリの街を見下ろすシメール

いろんな種類がいます

いろんな種類がいます

こんなにたくさんいるなんて驚きです!

こんなにたくさんいるなんて驚きです!

エッフェル塔も見えます

エッフェル塔も見えます

落下防止の金属ネットがはられています

落下防止の金属ネットがはられています

遠くの方にも、さらにシメールが

遠くの方にも、さらにシメールが


また地下にある地下聖堂は、ヨーロッパでも屈指のもの。ノートルダム大聖堂が建立される前にこの場所に建っていた聖堂の跡や、ローマ帝国時代にシテ島を囲っていた市壁などが見学できます。



開館時間:<4 - 9月>10:00-18:30 (*うち6 - 8月の土日 10:00-23:00)、<10- 3月>10:00-17:30
休館日:1月1日、5月1日、12月25日
料金:8ユーロ

地下聖堂 
開館時間:10:00-18:00
休館日:月曜日、祝日
料金:3.3ユーロ

いかがでしたか? ナビは清らかな空間で精神を落ち着かせたいときに、たまに訪れます。歴史的建造物は、やはりそれだけの価値と重みがありますよね。1225年に完成して以降、このノートルダム大聖堂は、たくさんの人の喜びや悲しみを受け止めてきたのでしょう。そして、現代の人々の喜びや悲しみもまた、受け止めているのでしょう。いつの時代も変わらない人間の営みについても、考えさせられます。皆さんはここを訪れたときに何を感じるのでしょうか? 
ちなみに、ノートルダム大聖堂/教会/寺院はパリだけでなく、ストラスブールやディジョンなどフランスの他の都市にもあります。右手で金製の物を触りながら、左手で触ると幸せになるという「幸福のフクロウ」がいるのはディジョンのノートルダム。パリのノートルダムにはいないのでご注意を(フクロウはディジョンの守り神です)。
以上、ノートルダム大聖堂からパリナビでした。


  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2011-04-08

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    ろっきい

  • photo

    ろっきい

  • photo

    THIN

  • photo

    るな

  • photo

    るな

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2009-11-17

スポット更新日:2011-04-08

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供